タグ別アーカイブ: モー娘16

モーモー祭ロス発生か!?

そういや、モーモー祭のころには吊られとったよね。比婆牛でございます。
あれから1週間余り。
口和町も平穏な日々となっています。あの台風はなんじゃったんじゃ、と。あの急な雨はなんじゃったんじゃ、と。

牛も元の位置(モーモー物産館。松江道口和インター降りて右折すぐ)に戻っとります。
そうそう、モーモー物産館もなば(キノコ類)の入荷があったりと、秋の雰囲気が出てきとります。

…と書いて、写真の整理して、いろいろやってたら「モーモー祭ロス」になっとらんか?
いやいや、日々積もる請求書の山(生々しい)がワシらを待っとります。ロスなんぞしとられません。

それでもロスになりそうな皆様へ。
「radikoタイムフリー」で14日16時30分のRCCラジオ「歌謡バラエティ」がもうしばらく楽しめるはずじゃけぇ、聴きよってください。
…ふぅ、危うくタイムフリーの期間を過ぎるところじゃった。

それと、祭を盛り上げてくれたモー娘ことモーモー娘のお2人。

ありがとうございました!

モーモー祭が終わりました。

お~はようございます!(スッキリの天の声風に)
比婆牛でございます。
今日は牛舎でこれを書いとります。ひとまず2日間の記録写真を確認しながら、こちらにアップするものを厳選しとるんですよ。

まずは、無事にモーモー祭が終わりました。
これも実行委員会の誰かが晴れ男晴れ女だったとかでなく、ご来場いただいた皆さんのパワーが、祭を盛り上げ、無事に終わらせてくれる原動力となったと思います。誠にありがとうございました。

でも、イベントというもの、完璧というわけにはいきません。至らぬところ多々あったかと思います。その点については、まずもってお詫びいたします。
そして、次回のモーモー祭に生かせるよう、努力していきますので、次回もぜひお越しくださいませ。

モーモー娘も無事に仕事をやってくれました。お疲れさま。
司会を務めていただいた大江さんと珠居さんには大変お世話になりました。
そして初日の強風、2日目の急な雨にも色々対応いただいたステージスタッフの皆さん、ありがとうございました。

こう感謝の意を述べていくと大迫傑並みの時間が必要になるので(シカゴマラソン見てんじゃん)、ひとまずこの辺で。

モーモー祭は終わりましたが、ホームページは続くので、楽しみにしとってつかぁさいや!

ついに公開、モーモー娘。

こんばんは。比婆牛でございます。
今日は普通に更新しようと思ったら、焼肉チケット完売御礼となって急きょ記事をアップせにゃあいけんかったけぇ、今頃慌てて更新しようるんよ。

で、今日は何が言いたいかというと…
ついに公開します。
何をって?
そりゃあ、遅くはなったけど、今回のモーモー娘を紹介することにしたんよ。

ということで、今回のモーモー娘。

左が古川 直(ふるかわ なお)さん。
右が石田 成美(いしだ なるみ)さんよね。

2人は中学高校と同級生。そして今年成人式を迎えたんよね。
ベタに趣味を聞いてみたら…
古川さんは映画鑑賞、石田さんは読書じゃそうな。
競馬が趣味の比婆牛とは大違いじゃね。

で、先日新聞社の取材も受けたんよ。

ちょっとした緊張感が漂っとる…なんて。
相手は取材に長けた新聞記者さん。終始和やかに取材は進んでいったんよ。

この模様はいつかわからんけど、えぇタイミングで中国新聞に載りますけぇ、楽しみにしてつかぁさいよ!

比婆牛から業務連絡いくつか。

こんばんは。比婆牛でございます。
夜遅くにいくつかですけど、業務連絡です。

まずは焼肉チケットについて。
インターネットでの販売は18日で終了しました。昨日で購入ページも閉鎖しました。
おかげさまでインターネットからもいくらかご購入いただけました。感謝。
でも、インターネットで購入された方へ。
振込が9月末までに行われていないと焼肉チケットが送付できません。
「焼肉チケット、送付できません!」←踊る大捜査線並みに(古い)
とならないように、お早めに振込みをお願いします。
同時に事務局でのお買い求めの場合もお支払いはお早めに。

続いてはイベントの紹介について。
前回の今頃はイベントの紹介がされてたと思いますが、今のところまだ…
安心してください。これから紹介していきますから。
今回はいくらか新しい顔も出てますから紹介をお楽しみに。

そして最後は、あの件。
そう、モーモー娘をまだ紹介していないのです。
一部では紹介してますが、完全公開、完全解禁となってません。
でも安心してください。近日中に解禁しますから。
実は先日、とある取材に対応してますので。
その模様も含めて紹介していきます。お楽しみに。

さて、夜分遅くの業務連絡。
これだけ業務連絡したから、頑張ってホームページ更新していきますからね!
以上、比婆牛でした。
(久々の標準語。これもまた新鮮)