イベント紹介~口和の伝統芸能~

こんばんは。比婆牛でございます。
今日は祭当日のイベントの紹介を。

ステージイベントでは口和の伝統的な芸能も行われるんよ。
田楽や楽舞、盆踊りといったものがあって、それぞれ趣があってえぇんよね。

まずは大月の楽舞。
これは、16世紀にこの地域を治めていた城主の戦勝を祈願して舞われたのが始まりじゃそうな。
で、今では秋祭りの余興として舞われて現在まで継承されとるんじゃと。

続いては湯木の盆踊り。
これは、約280年前から地域の若者の間で踊られとったのが始まりじゃそうな。
今では毎年8月14日の夜に湯木地域の夏祭りで踊られるんじゃと。
傘を使ったりして踊るのが特徴なんよ。

そして、田楽。向泉地域と永田地域とがやるんじゃけど、それぞれ特徴があるんよね。
向泉のは数百年の歴史があって、今では3年に1回の地元神社の春の大祭で奉納されとるんじゃ。
そして永田のは、明治時代までは盛んに行われておったんじゃが、大正や昭和初期にはいったん途絶えたんじゃと。でも、戦後に復活して今ではこのモーモー祭とかで披露さりょうるんよ。

向泉芸能保存会の田楽

永田芸能保存会の田楽

どの芸能も見どころがありますけぇ、ぜひ見に来てつかぁさい。
ちなみに以下の時間に予定しとりますけぇ。

大月の楽舞:6日(土)13時15分
湯木の盆踊り:7日(日)9時20分
向泉の田楽:7日(日)10時05分
永田の田楽:7日(日)13時00分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください