比婆牛がオススメするモーモー祭の楽しみ方。 その2

今日も比婆牛がモーモー祭の楽しみ方を教えるけぇ。

今日は、モーモー祭の名の由来にもなった「牛」に関連した楽しみ方。
モーモー祭いうんは、和牛のオリンピックともいわれる全国和牛能力共進会いうので口和の牛が日本一になったことからその名を広めるとともに地域産業にもなっとる畜産業の振興を目的にできたんよ。
なので、この祭の主役は牛、いうことなんよ。

牛が主役のモーモー祭

牛に関連した楽しみ方いうたら、まずはモーモー大行進。
口和を代表する牛が歩いていくものなんじゃけど、これはいわゆる「シャッターチャンス」よね。
そうそう牛を写真に収めることはできんけぇ、逃さんことよ。
つづいては牛と子どもの綱引き。
大人の牛と子ども10人くらいが綱引きするんじゃが、牛ゆうのはその昔は田んぼを耕したりするのに重宝していたわけよ。だから力は強いでぇ。
そういった牛たちは、モーモー祭の間は仮設の牛舎におりますけぇ、じっくり見たり絵を描いたりとできますよ。そうじゃった、祭二日目の9日には子どもを対象とした牛の写生大会がありますけぇ。ご家族連れにはひとつの思い出になるかもしれんよね。

ざっと牛についてはこんなもんかね。ほかにも牛約1頭分の肉を売ることをやったり、比婆牛サミットゆうんもやるし、みんな大好き炭火焼肉もあるでよ。じゃけぇ、ぜひモーモー祭に来て欲しいんよね。

次回は、祭に華を添える「モーモー娘」についてじゃね。
楽しみにしとってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.